シミを取る方法はどんなものがある?

自宅でできるシミ取りの方法

自宅でもできる気軽なシミ取りの方法としては「美白化粧品」「内服薬」の利用が考えられます。
美白化粧品とは、ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白効果のある成分を含んだ化粧品です。内服薬にはトラネキサム酸やビタミン剤などが配合され、体の内側から肌に働きかけていきます。どちらもドラッグストアでも販売されていますから、気軽に試すことができます。また、ピーリング効果のある化粧品を使って、皮膚のターンオーバーを促進する方法もあります。
シミにはさまざまな種類があり、種類によってお手入れ方法も変わってきます。自分のシミはどういうものか知って、手入れをしましょう。虫刺されや傷跡が残った「炎症性色素沈着」や、ホルモンの影響でできる「肝斑」は、美白化粧品の効果が表われやすいシミです。紫外線などの影響でできる「老人性色素斑」や「雀卵斑(ソバカス)」は、化粧品の効果が出にくいと言われています。

皮膚科や美容外科で徹底的にシミ取り

自宅ケアでは効果が表われにくいシミは、医療機関で処置を受けることも考えられます。一般の皮膚科では内服薬・外用薬が治療の中心で、市販の製品よりは強い薬品を使うことが可能です。外用薬は、「ハイロドキノン」「レチノール」といった薬品が使われています。
美容外科では、シミに肌の外から直接働きかける治療が行われています。「レーザー治療」は、特殊な光線をシミに当てて、メラニンを破壊して除去する方法です。一方、顔全体に光を当てて肌のトラブルを治療するのが「光治療(フォトフェイシャル)」で、シミだけでなく、毛穴の開きなどの肌の悩みも同時に改善されるメリットがあります。どちらも保険適用外ですから、治療を希望するときは美容外科で治療費や通院回数などについて、きちんと説明を受けておきましょう。